アルカロイド WE ARE KAZEYOMI!!

アルカロイド

基本気象系談義。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


行って来ました。

坂本真綾 LIVE TOUR 2009“かぜよみ”東京


想像をはるかに超えるすばらしいライブでした。
あんな生歌上手とはビックリしました。ほんとに。
こんなに幸福感でいっぱいになるライブは初めてでした。
嵐さんも幸福感でいっぱいになるけどそれとはまたちょっと違う。
心の底からあったかい気持ちでいっぱいになる。
そんなライブでした。

ファン暦は人生の半分くらいありますけどライブは初めてでどんな雰囲気なのか全然わからないからすっごいドキドキしてました。
暗転しても皆座ったままで拍手が始まって「え?立たないの?」とちょっとビックリ。
OPの「Vento」もみんな座ってるし。
一発目の「Get No Satisfaction!」で真綾のシルエットが見えたらみんなやっと立ち上がりました(笑)
よかった。
真綾がちょっと踊ってたのがビックリしました。
なんかものすっごいアイドル声優みたいだった。
イメージと違う感じだったなー。ミニスカだったし(笑)

最初のほうはアルバム「かぜよみ」の曲を歌ってたけど途中で「奇跡の海」とかきたときはお客さんも「おぉ~」て感じでやっぱ昔のコテコテの菅野プロデュース曲はみんな好きだよね。

あと東京だけは弦楽器の人たちがいてせっかくなのでってことで「走る」を歌ってくれたのは嬉しかったなー。
最近「DIVE」をよく聴いてたから。
「走る」は結婚式でかけたいとか考えながら聴いてた(笑)

どこらで歌ったか忘れたけど「約束はいらない」とか「マメシバ」とか「プラチナ」とか歌ってくれてちょっと豪華すぎるのではないだろーかというセットリストだった。

本人曰く「別にサービスしてるわけじゃない」そうで今回セットリスト考える上で曲がありすぎて決められなかったと。
でもどれを歌っても完全に「坂本真綾」だみたいなこと言ってたなー。
前奏が始まったときのお客さんの反応がいいよね。
ああいう曲やると。キタキタキタキター!!みたいな。

最後の「ユニバース」でスタッフから真綾へサプライズのサイリウム。
感極まって泣きそうになる真綾。
サイリウムが1人たりとも乱れてなくてすごいきれいだった。(なんせ最後列だったからね)
感動しすぎて段取り忘れる真綾。かわいすぎる(笑)

真綾のライブでは「ポケットを空にして」で終わるってのがお決まりらしい。
みんなで大合唱。
さらにこの曲が大好きになりました。

んで終わりか?と思ったらピアノに駆け寄る真綾。
「NO FEAR/あいすること」に続き「カザミドリ」も弾き語りしてくれました。


*

今回ほんと思い切って東京まで行ってよかったです。
何でしょう、あの伸びやかでキレイな声は。
真綾のすごいとこは裏声でもそうでなくても差がないというとこだなー。
ってか裏声がどれかわからない。

ほんとにこんな気持ちになったライブは初めてで真綾と同じ。
「ありがとう しあわせです」だ。

今日仕事帰りにファンクラブ入会したよ(笑)
だってもうちょっと前で見たいからね。

まぁ嵐さんでドームを経験し「遠い」っていうのは慣れっ子で5000人規模の会場なんて知れてるけど、国際フォーラムは傾斜がすごいきつくてめっちゃ高かったです。
あとなんだろう・・・スタッフが入場の列を捌くのが下手な気がした(笑)
すっごい時間かかった。
あとグッズも開演前に買えなかったから終わった後に並んだのに欲しかったパンフが売切れだし。

細々残念なことはあったけどほんとにライブは最高でした。

あと客層も気になってたんだけどワタシみたいに女1人って人も割と多かった。
男連れが多かったけど。

最近嵐さんばっかり行ってたワタシには色々新鮮で楽しかった。

東京で友だちとも遊べたし大満足♪


真綾もライブが好きになったって言ってくれたからまた近々あるといいなー♪
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。